株式会社新生ジャパン投資について、ネットの評判など気になるものがあったので調べてみました。
結論をいうと株式会社新生ジャパン投資は信頼できる投資顧問です。ではなぜ、良くない評判を目にするのでしょうか。気になったので会社のwebサイトや掲示板などの口コミなどいろいろ見ていくと、その理由が見えてきました。
株式会社新生ジャパン投資のような信頼できる投資顧問がどうしてそのような誤解を生むのか、原因と理由を解説しましょう。

新生ジャパン投資について調べる男性

新生ジャパン投資は信用していい会社?

新生ジャパン投資は前池英樹氏が代表を務める投資顧問会社です。
WEBサイトには金商番号も入っており、信頼できる投資顧問会社であることがわかります。金商番号は金融庁に許可をもらい登録を受けているということがわかるものです。きちんとした顧問会社は明示しているところがほとんどで、新生ジャパン投資もWEBサイトの下を見ると金商番号を確認できます。
WEBサイト全体を見ても、初めての人にもわかりやすいのが印象的です。前池英樹氏から投資家に向けたメッセージも力強くわかりやすい言葉で表現されています。

申請ジャパンの前池英樹氏とは?

新生ジャパン投資の前池英樹氏の名は投資家であれば知っている人は多いでしょう。
1994年以降、高山緑星という名で歴史的な相場を20年以上も的中させてきた伝説的な人物として知られています。彼にアドバイスを受けてみたいと考えている投資家は多いのではないでしょうか。
ネット上でいろいろな情報を拾ってみると、アドバイスに関してもわかりやすいという声は多く、自社サイトから感じる印象を裏づけるような評判を見つけることができます。さまざまな意見を見てあらゆる観点から考察しても、総合的に判断すると信頼度は高いといえるのではないでしょうか。

新生ジャパン投資の口コミ評価は高い

新生ジャパン投資の口コミや評価は良いものが多く、2chのような掲示板や個人のブログでも信頼できる投資顧問会社として高く評価している人がみられます。
そもそもブログや2chなどネットの評判は意見が分かれてしまう場合は珍しくありません。新生ジャパン投資にも同じことがいえます。2chだけ取ってみれば悪い評判も目にしますが、実際の利用者には非常に好評です。

悪い口コミや評判の理由

ネットで悪い口コミや評判を流している人の意見を読んでいくと損失が出た利用者がほとんどで、1回の損失で見切りをつけてしまうというケースが目立ちます。しかし投資の世界では絶対ということはまずありえません。

実際の利用者の口コミや評判

「非常に親切です。また日経の動きを予想するのは最高です」
「ここたぶん現時点で業界最高峰だと思う!」
「一部の熱狂的なファンからは投資顧問業界の神様とまでいわれているようです。株価2倍以上の大化け銘柄の推奨がとにかく当たることでも知られているようですね」

このように非常に好評で、新生ジャパン投資代表である前池英樹氏の実績への期待は高いようです。投資顧問として親切なアドバイスをしていることが十分感じ取れるのではないでしょうか。
1度でも損失が出てしまうとそれを誇張してブログで書かれてしまうこともあるでしょうし、ネットでは悪い口コミは目立つ傾向があります。しかし利用してみると分かりやすく心強いという意見から、総合的には好評であることがうかがえます。

他社にはない?新生ジャパン投資だけの有料コンテンツ

新生ジャパン投資の有料コンテンツは、最短ルートで資産形成が可能な推奨銘柄の情報提供が期待できます。他社でも有料コンテンツではこのような内容はみられますが、他社との違いは推奨銘柄利用後に独自の手厚いフォローがあることです。
実際に会員になりアドバイスを受けている人の中には、有料コンテンツによる独自のフォローで効果を感じている人は少なくありません。
投資顧問にどんな価値を求めるかは人それぞれですが、投資には多少のリスクは伴うものです。1回の損失で結果を決めてしまう人や必ず儲かるという決めつけをしやすい人は投資自体に向いていないかもしれません。
どんな投資顧問会社でも必ず儲かるというアドバイスはまずないと考えるのが一般的です。新生ジャパン投資は、そんな投資の世界でも投資家に沿った有益な判断材料を提供してくれる信頼できる投資顧問会社といえるでしょう。

新生ジャパンの他社との違い

新生ジャパン投資が信頼できる上に、心強い情報を得られる投資顧問であることはわかったでしょうか。実際に会員になると、独自のアドバイスがもらえることで満足感を得ている人が多いことがうかがえます。
他社との大きな違いは、前池英樹氏への期待の高さと、利用者が求めているものに対して的確で価値の高いアドバイスをもらえるという点でしょう。実際に投資を行うには、かゆいところに手が届くような的確な情報は利用者にとって重要なことではないでしょうか。その姿勢こそが投資顧問の価値を決めるといっても過言ではありません。